キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉で葬儀を執り行う際に気をつける挨拶やお悔やみの言葉 : 千葉の葬儀情報まとめ

千葉で葬儀を執り行う際に気をつける挨拶やお悔やみの言葉

新着記事

千葉で葬儀を執り行う際に気をつける挨拶やお悔やみの言葉

葬儀の時には、挨拶としてお悔やみの言葉を使います。

お悔やみの言葉にもマナーがあるので、失礼にならないよう注意しましょう。

・お悔やみの言葉

お悔やみの言葉というと、難しいように思えますが、だいたいパターンは決まっているので、それを覚えておけば大丈夫です。

「この度はご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます」だいたいこれを使いますので、覚えておきましょう。

亡くなる理由もいろいろですが、まだ若く突然の事故や病気の場合は、「突然の事で申し上げる事場が見つかりませんが、心よりお悔やみ申し上げます」と少し言い方が変わります。

お悔やみの言葉はあまり多くを語らず、シンプルな中に相手を思いやるという意味が込められています。

・お悔やみの言葉のNG

お悔やみの言葉を伝える時に、絶対に使ってはいけないNGワードがあります。

これは忌み言葉といって、あまりいいイメージを持たないため、葬儀の時には使いません。

重ね重ね、くれぐれも、いろいろと、たびたびは、繰り返す事を意味します。

死が繰り返されるという印象を与えるのでNGです。

相手を思いやるつもりで、「くれぐれも」を使ってしまう事がありますが、これは重ね言葉ですから使わないでください。

・まとめ

お悔やみの言葉は葬儀では必ず使います。

挨拶代わりになるものですが、帰る時の挨拶で「また改めて」と言ってしまう事があります。

実は「また、次」も繰り返す事を連想させるのでNGとなります。

無意識に使ってしまう事もあるので注意してください。