キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 葬儀で頂いた香典をお返しする『香典返し』。千葉編 : 千葉の葬儀情報まとめ

葬儀で頂いた香典をお返しする『香典返し』。千葉編

新着記事

葬儀で頂いた香典をお返しする『香典返し』。千葉編

葬儀で香典をもらったら、香典返しをするのもマナーです。

香典返しにもいくつか種類はありますが、葬儀マナーとして覚えておきたい事のひとつです。

・香典返しについて

通夜や告別式に香典をもらったら、必ず香典返しをします。

これも葬儀マナーの一つですが、一般的には香典の半返しが、香典返しの相場となっています。

ただし持参する香典の金額は人によって違います。

全体的な相場は5,000円から10,000円となっていますが、中には1,000円しか包まない人もいれば、30,000円や50,000円包む人もいます。

1,000円はさすがに非常識ですが、香典は気持ちなので金額に文句は言えません。

この場合は差が出てしまうので、あらかじめ3,000円程度の物と、5,000円程度の物を用意しておきます。

・香典返しに選ぶ物

香典返しにはお茶、海苔、お菓子、乾物など、他にはタオルやシーツなど、実用的な品を選びます。

特に決まりはありませんが、だいたい品物は決まってくるので、葬儀屋と相談して決めておきます。

当日返しはその場でお返しができるため、遺族の負担を減らせます。

忌明け返しは、四十九日が済んでから、挨拶状と一緒に送るのが一般的です。

また香典返しに選ぶ品も地域、宗教によって変わることがありますのでご紹介します。

◎香典返し参考サイトご紹介>>https://www.beauty-co.jp/news/dbn/region/DB003736/

・まとめ

香典返しを半返しにするのは、相手の好意を無にしないためという意味があります。

このため金額を確認せずに香典返しを送ると、相手に失礼に当たる事があるので、必ず香典は金額を確認して、半返しになるよう手配します。

ピッタリ半額というわけではないので、多少の誤差は問題ありません。