キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉で葬儀を執り行う前の通夜式・通夜振る舞いマナー : 千葉の葬儀情報まとめ

千葉で葬儀を執り行う前の通夜式・通夜振る舞いマナー

新着記事

千葉で葬儀を執り行う前の通夜式・通夜振る舞いマナー

葬儀は、通夜を行ってから告別式を行うのが一般的です。

通夜の時は通夜式や、通夜振る舞いをしますが、これにもマナーがあります。

・通夜式について

通夜は告別式よりも簡単に済ませるイメージがありますが、通夜式としてきちんとしたマナーや手順があります。

通夜でも僧侶を呼び読経をしますし、焼香や喪主挨拶まで一応決まった流れがあります。

これに沿って通夜式を行いますが、宗教による違いもありますので、葬儀屋に相談しながら進めていけば問題ありません。

以前はお清めの塩などを用意し、一晩中ロウソクや線香を絶やさず夜通し行っていましたが、今は半通夜といって時間を決めて行うのが一般的です。

ですが、宗派によって形式は様々なので、一度自分の宗教を確認してみてはいかがでしょう。

◆参考記事[お清め塩についてお聞きします。広島に住んでいます。浄土真宗なんですが、...]

・通夜振る舞いのマナー

通夜が終わると、通夜振る舞いをします。

通夜の後に簡単につまめる寿司やおにぎりなどを用意して、故人を偲ぶという意味があります。

通夜振る舞いを受ける事が供養になるので、断るのはマナー違反となります。

食べやすく気軽に食べられる物を選びますので、食事のマナーなども気にしません。

予定があってあまり長くいられない時でも、一口だけ箸をつけるのが供養となるので、招待を受け適当なところで帰るようにします。

・まとめ

通夜振る舞いは、喪主や遺族が弔問客の接待をしなくてもマナー違反になりません。

ある意味ではあまり気を使わず、和やかに故人を偲ぶ時間です。

簡単に食べられる、寿司やオードブルのような物を振る舞います。

無理に挨拶をしなくても、通夜振る舞いに口を付ければ供養になります。