キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 葬儀には必ず持参する香典の相場と香典返しについて。千葉編 : 千葉の葬儀情報まとめ

葬儀には必ず持参する香典の相場と香典返しについて。千葉編

新着記事

葬儀には必ず持参する香典の相場と香典返しについて。千葉編

葬儀には必ず香典を持参します。

通夜と告別式の両方に参列する場合は、どちらかに香典を持参していれば2度渡す必要はありません。

・香典の相場

香典はある程度相場が決まっています。

地域による違い、年齢による違い、故人との関係による違いで、香典の相場は変わってきますが、多すぎるのも少なすぎるのもあまりスマートではありませんので、相場内に収めておきます。

故人が親族の場合は、香典の相場も少し高くなります。

親族ではなく仕事関係の人という場合は、上司、部下、同僚という違いはありますが、だいたい5,000円前後が相場です。

これは友人や知人、近所の人もだいたい同じで、相場は3,000円から5,000円となっています。

親族の場合は続柄にもよりますが、10,000円から100,000万円の間で年齢により変わります。

・香典返しについて

香典をもらったら必ず香典返しをします。

香典返しは半返しが基本とされていますので、香典に合わせて半額くらいの物を選びます。

ただし中には高額の香典もあります。

親族の場合は香典が高額になる事もありますが、この場合は半返しではなく3分の1または、4分の1程度の品物でも失礼には当たりません。

・まとめ

香典は葬儀に参列する場合は必ず持参します。

今は香典返しを後から贈るのではなく、当日返礼品として済ませる事も多くなっています。

この場合はだいたい2,000円から3,000円程度の品を選びます。

当日返礼品には、お茶や海苔が無難です。

ハンカチを会葬御礼品として贈る事もありますが、これは香典返しとは別扱いです。